【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

50歳からのコミュニティサイト【50saikara】



 

 

ご訪問いただきありがとうございます!

こちらは50歳以上の大人の方々に向けたコミュニティサイトのページです。

 

自分が知りたい事、みんなに知ってもらいたい事、色々な情報を交換できる場所としてシルエットのお客様に限らず、殿方ももちろん!世界中の50歳以上の皆様にご利用いただけましたら幸いです。

 

少しずつ手探りですが、旅行、健康、美容、ビジネス、趣味、料理、ちょっとした身近な話からペットの話まで、みなさまに楽しく参加していただけるような癒しのひと時を提供できるサイトにしていきたいと思っています。

 

ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております!

 

ご意見、ご感想は50saikaraインフォメーション】までお寄せください。

 

のんびりいきましょ〜



【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

とりあえず今日のニュースから






【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

旅の途中~



旅の紀行を画像と共にお届けいたします。

これから旅行を計画していらっしゃる方に何かお役に立てれば嬉しく思います。

 

 

ハンバーグのハンブルグ旅行記

 

2017年イースタ―の時期に訪ねたドイツのハンブルグの旅行記です。

ハンブルグはハンバーグの発祥の地であるという噂は本当なのでしょうか?

 

ハンバーグ発祥のレストランを早々と予約したということで楽しみに行ってまいりました。

さて、どんなところなのか…

まずはそちらの話からご紹介いたします。

 

橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen  Kanfine
橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen Kanfine

 

中に入るととても古めかしい懐かしい食堂の雰囲気、バーの棚もすべて傾いている…。

しかし、狭い店内はお客様でいっぱい。

後から入ってくる人は皆、予約していないため断られている…外では記念撮影している人もいる。

とりあえず有名なんだということは確認できた。

 

橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen  Kanfine のBar
橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen Kanfine のBar

 

よく調べもしないで言われるがままついて来たお任せの旅。

何が出るのかお楽しみではあるけれど少々不安でもある…

とりあえず料理を頼むことに。

 

果たしてこのお店でハンバーグが発明されたのか…

 

とりあえず、聞いてみよう。

 

ハンバーグの元になったものを注文したいのですが?

 

こちらが当店のおすすめのプレートで、ハンバーグも入っていますし、名物?の豚肉の料理も入っていますよ。

 

よし!では、それにしよう!

 よくわからない時は、おススメのものを頼むのが一番間違いないという変な持論のもと…

 

では、そのプレートを2つとハンバーガーをひとつお願いします!

 

えっ、それは多いですよ!ハンバーグはいらないと思いますよ。大丈夫ですか?

 

はい!大丈夫です!

 

店の人の忠告を無視し、三人なので三人前頼まないと店に申し訳ないという、これも同行者の持論である…

 

そして、出てきたのがこちら

 

Ober hafen  Kanfine
Ober hafen Kanfine

 

お腹が空いていて、つい写真を忘れ、隙間があるところは既に手を付けてしまった後です...

 

お味の方は―

どれも似た味のような気がしなくもない…が、美味しいともいえる。

ドイツだから⁈野菜はポテト含め、やはり甘い酸っぱいものが多い。

右手前がポークのなんとかで名物?的なもののよう。その上はハンバーグの白いソースがけ、上の卵が乗っているのはコンビーフのような感じ。他にもご覧のように普通のハンバーグやソーセージ関係、ハム系、魚はサーモンとかなりのボリューム。

 

日本ならこれ3人前だよ。。。

 

結局、全く大丈夫なことはなく。これは逆にお店に申し訳なかったんじゃ…?!

残してしまって、申し訳ございませんでした。

 

橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen  Kanfine
橋の下に建つ傾いたレストラン Ober hafen Kanfine

 

どれくらい傾いているのか建物の裏に周って撮ってみた。

ピサの斜塔には負けるかな~

 

そして、あれはハンバーグの元になったものか?

はて…?

と、ググってみたところ、どうやら、労働者がひき肉を丸めて食べていたものをアメリカ人がハンブルグの英語読みのハンバーグとして名前をついたようで、このお店は戦前の状態で残っている唯一の労働者が利用していた食堂で、今でも橋の下に移動させて、経営者は変わってもそのままの姿で営業されているというお店だった。

ぜんぜんハンバーグの元じゃなかった…というお話でございました。

 

 

このお店は日本ではそんなに有名ではないのですが、多くの人達が写真を撮っていたので、ドイツ内や他の国では有名なのかもしれません。

 

 

 

次は、いつも初めて行く土地ではサクッと街の見どころを周れる 乗り降り自由な二階建てバス のバスからの車窓の画像を何枚かアップしてみたいと思います。

 

 

川沿いを歩いてみることにして、バスを降りたらあいにくの雨...

コロンブスがいました!

 

北のヴェネチア ハンブルグの運河沿いにある赤レンガの建物
北のヴェネチア ハンブルグの運河沿いにある赤レンガの建物

 

ヨーロッパではだいたいどこの街にも大きな教会があります。

中にも入ってみました。

 

 

イースターですので、教会ではコンサートが行われていました。

さて、小腹が空いたところで、どこかレストランを探しますが、イースターです。。。

お店はみんなお休み。あ~

広場のソーセージ屋台だけが開いていました。

街でよく見かけるカレーソースというものにしてみました。

やっぱり、ドイツに来たらバイツェンビール!フルーティで飲みやすい濁りビールです。

見た目はかなりのジャンクさですが、お味はなかなか美味しかったです。

 

 

そして、次に訪ねたのはハンブルグ ダジョン という地下牢という名の参加型アトラクションというか、ショーのような博物館のようなところです。

中世から現代までの600年にわたる黒い歴史を参加者が一緒に体験するという館です。

色々なシーンの部屋があり、時代時代に起こった黒い歴史、戦争や絞首刑、人体解剖など、おどろおどろしい負の歴史を恐ろしく、時にはユーモラスを交えながらホストのおしゃべりでキャスト全員が参加しながら展開していく感じです。ドイツ語と英語で開催されています。

ディズニーランドのシンデレラ城のアトラクションのようなカリブの海賊のような部分もあります。

怖いのは苦手ですが、とても楽しめました。

イースターらしく黒いうさぎのぬいぐるみが血を流しているような飾りや、お土産屋さんも怖い系のものが沢山取り揃えてありました。

  

 

次は隣にあるミニチュアワンダーランド に行きました。

ものすごい量のミニチュアに圧倒されます。

一つ一つのクオリティーは、あれだけの量ですから、そこまで完璧なものというわけではありませんが、ミニチュアが好きな方でしたら一日では足りないぐらいの展示物を見ることができますので、楽しめると思います。

 

沢山撮った写真の中から何枚かアップしてみましたのでご覧ください。

 

ミニチュアワンダーランドのオクトーバーフェスト
ミニチュアワンダーランドのオクトーバーフェスト
日本の飛行機はJALではなくANAの機体がありました
日本の飛行機はJALではなくANAの機体がありました
ミニチュアワンダーランド 野外パーティーでしょうか
ミニチュアワンダーランド 野外パーティーでしょうか
ミニチュアワンダーランド ロックフェスのキャンプ場とステージ
ミニチュアワンダーランド ロックフェスのキャンプ場とステージ

 

他にも火事のシーンや殺人現場のシーン、生活する中で起こるさまざまな出来事をミニチュアで表現しているのがとてもユニークでした。小さいものだけでなく、山や海、雪など自然を上手に取り入れて各国各地の特徴をとらえて展示されていて、本当に見ごたえのあるスケールの大きなワンダーランドでした。

 

夜にはレーパーバーンという有名な賑やかなピンク街をチラッと見に行きました。

確かに看板がピンク!賑わっていました。パトカーもたくさん並んでいて観光地化されている様子でした。

 

ハンブルグの街並みはやはりヨーロッパという感じで、そんなに特別な感じはないかもしれませんが、ダンジョンとミニチュアワンダーランドに行くためだけにハンブルグに立寄るのもありかな。と思いました。

ミニチュアワンダーランドはまだまだ進化しているようですので何年か後にまた機会があれば行ってみたいと思います。

 

 

 

【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

ニュージーランドの大自然



New Zealand 南島の大自然をお楽しみください!

セルフィー湖
セルフィー湖
ニュージーランドは日本とほぼ同じ大きさの島国です。北島と南島の二つの島からなる小さな国は大きな自然を感じることができる素朴な国。

マオリ語で低くたなびく雲の意味を持つ国は流れる雲さえ、日本とはまた違った美しさがあります。   自然の織り成す大地を写真におさめました。

ラグビーのオールブラックスのシャツで有名なブランドのカンタベリーは南島の地方の名前です。
南島の四季折々の様子を少しずつ掲載していきます。

どうぞお楽しみに!

 

 

当サイトで掲載中の画像でカレンダーやポスターなどで作成ご希望の方は

【50saikaraインフォメーション】までどうぞ

 


ニュージーランド Methven (メスベン) マウントハットの滞在はお任せください

メスベンでのプライベートルームを提供しています
メスベンでのプライベートルームを提供しています

ニュージーランドの南島、スキーで有名なMt.Huttの麓、メスベンの町でKIWIの家族とペットたちと暮らしています。

 

メスベンはカンタベリー平野の南部、クライストチャーチから南西に約120㎞、車で約1時間の所にあり、冬はマウントハットのスキー場、ヘリスキーのベースとなり、夏はトランピング、ゴルフ、釣り、気球、ジェットボート、アーチェリー、クレイシューティング等を楽しんで頂けます。

 

日本からの留学生やスキーやスノーボードを愛するスキーバムの長期ホームステイの受入れ、日本で流行りの民泊宿として短期の滞在も可能にしています。四季折々のMethvenを満喫してください。美味しい日本食も作りますよ!

airbnbでもご予約いただけます。おかげさまでとても良い評価のレビューをいただいています。

当サイトからもご予約いただけます。長期ステイのご希望はお早めに【50saikaraインフォメーション】宛にご連絡ください。

 

 

 

 

 

【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

50代からのひと休み



駆け足で生きてきた40代を過ぎ、ここらでちょっと『ひと休み』しませんか?

ちょっとだけ贅沢に、ひと工夫で心も豊かに~

自分の時間、そろそろ自分のため使ってみませんか?

 

スウェーデンのストックホルムで暮らすMiekoプロデュースでお届けする『fika tillsammans』

 

Fikaはスウェーデン人にとってはとても大切な時間で、普段の生活に欠かせないティータイムのこと、Tillsammansは一緒にという意味です。

 

アンティーク市でGetした雑貨や身近にあるもので季節のテーブルコーディネートを施したFikaタイム、手作りの小物や窓辺の一枚など、Instagramにアップしています。

 

ほんの少しのノウハウで自分の時間を楽しみましょう!誰でも簡単にできますよ!

【50の手習い】のコーナーでカルトナージュのレッスンも紹介していきます。

 

【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

北欧マガジン



北欧から旬の情報をブログ記事としてお届けしております。

実際の雑誌やチラシの雑貨、キッチン、料理、ガーデニング、花、家具、食器などの色々な分野のページをそのまま画像に切り取るようにご紹介いたします。

 

料理のレシピやテーブルコーディネート、ガーデニングやお部屋の模様替えなどに、ちょっと北欧を取り入れたいなぁ…という時、参考にしていただければ幸いです❣️

 

気軽にページをめくるようにご覧くださいませ。

北欧の春はイースターと共にやってくる

COOPのマガジン イースター特集
COOPのマガジン イースター特集

COOPの雑誌の表紙です。

ど〜ん!と一面にケーキですね〜
これはイースターを代表するアーモンドで作ったマジパンのようなものにチョコと砂糖をコーティングした卵のようなマンデルナッツチョコをのせたチョコレートケーキです。
中にはたっぷりのチョコレート。

私たち日本人のには甘すぎるかな…
実はこのマンデルもあまり日本人の口には合わないかも⁈って言うお菓子でございまして…

しかし、見た目はとってもかわいいですよね⁈

市販のケーキを買って来て、ちょっとかわいい色のナッツでアレンジしたら素敵なイースターケーキが出来上がります!

お皿や盛り付け次第でいつもとまったく違ったケーキに変身〜〜

アレンジ次第で、あなたの食卓にも北欧流イースターの春風を取り入れてみませんか?



【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

占いの館



四柱推命、紫微斗数、数秘術などを合わせた占いで鑑定いたします*占いサイトで活躍するミスS.協賛

鑑定には、名前、生年月日、生まれた時間と場所の情報が必要となります。

あなたとパートナー、親子、同僚、上司など相性の鑑定もいたします。
 
ご依頼は【50saikara shop】の占い鑑定をご購入ください。
あなたとミスS.の二人だけのトークルームにて、やりとりが出来ます。
占い後の質問も可能です。
【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

50の手習い (手作りコーナー)



今は寿命も伸びて50歳なんてまだまだこれから!

気になっていた習い事、トライしてみたかった事なんでもやってみましょう。

こんな情報あります。こんなもの作ってみました。という口コミ情報もお待ちしています!

【50saikaraインフォメーション】まで

 

 

ルバーブでジャム作り

ルバーブとカスタードクリームのデザートバニラアイスを添えて
ルバーブとカスタードクリームのデザートバニラアイスを添えて

 

ルバーブの季節到来!!

キリっと酸っぱい繊維質たっぷりのルバーブをサッと煮こんでジャムを作りました。

 

北欧では夏の季節の定番デザートととして登場するルバーブ。

カスタードクリームと合わせたり、クランブルパイにして上には、やはりたっぷりのカスタードクリームをのせていただきます。

 

私は生姜をすりおろし、ルバーブジャムを入れて熱いお湯を注いだルバーブの生姜湯が好きです。

レモンじゃなく、梅干しでもない酸っぱさが生姜の辛味とマッチして美味いのですよ。

食べるお茶としてもおすすめです!

夏のグダグダをシャキッと、さっぱりしてくれるルバーブジャム、ぜひお試しください。

 

【材料】

ルバーブ 1kg

グラニュー糖 400 お好みで 500g

白ワイン 2カップ お好みで レモン汁

 お茶に入れる場合、ワインやお水を入れて繊維質を柔らかく煮込むと飲みやすいです

 

【作り方】

  1. ルバーブはよく洗って2~3cmぐらいにカットします。食感を残したい場合は大きめがおすすめです
  2. 鍋に切ったルバーブを入れグラニュー糖をふりかけて2,3時間放置すると水分が出てきます
  3. 2に白ワインを入れて火にかけて煮込みます
  4. 水分が程よくなくなったら火を止めて出来上がり!

 

緑のルバーブを煮ましょう!
緑のルバーブを煮ましょう!
強火で水分を飛ばすように煮込みます
強火で水分を飛ばすように煮込みます

 

夏には長野の道の駅や軽井沢などへお出かけの際など見かけることがあるかもしれませんが、今すぐ作りたい!という方のために探してみました。

年中手に入る冷凍のカットルバーブがちょっとお安く販売されておりましたよ。

でも、せっかくの季節だから新鮮なルバーブを手に入れたいとおっしゃる方は、5月~11月の予約限定販売のようですが、入荷次第発送してくださるお店を発見しました。

 

ぜひ、この夏はルバーブの爽やかさ、味わってみてくださいね。

 


すぐ手に入る冷凍ルバーブ


新鮮なルバーブは5月~11月で予約限定販売されています

【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

ペットの部屋



犬のブログ

 

保護犬ぽちょと仲間たちの日々の出来事をブログにしています

 

 

 

犬のケンケン歩きの不思議

犬のケンケン歩き
犬のケンケン歩き
飼い主、母、不覚にも家の前の凍った道路で足を滑らせ、くるぶしを骨折…全治3カ月。
そろそろ3カ月経つのに、いまだに少し、ちぐはぐした歩き方をしている。歳のせいで治りも遅いのか…⁈

そんな母の松葉杖ケンケン姿を見ていたからか、ぽちょが片手を上げてケンケン歩きをしはじめた…

なぬ⁇

しかし、なぜか家の中でしかしない。
外ではウサギを追いかけて走り回る…

なぬ⁇

続きを読む




ねこのブログ

ビフォー・アフター猫、子猫

今日はニュージーランドに住む保護猫のペパの貫禄ぶりをお届けします!
先太りの尾っぽまで貫禄あり!
子猫のアーチーの先住猫です。
他の動物苦手なペパに勇敢に近づくアーチーとの食事シーンも一緒に届きました…

食べたらこうなるのか…
食べたらこうなるのか…



【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

大人のネイル



夏のフレンチネイル

夏のフレンチ マーガレットモチーフで
夏のフレンチ マーガレットモチーフで

今年はもう暑いという言葉を何度聞いたことか…
日本は驚異の体温より高い数字を記録しました。
そして、私が住む世界の北、スウェーデンでは260年の観測史上初の暑さを記録更新し続ける日々が続いています。

さぁ、こんな暑い夏にはさっぱりと!
白でシャキッと!
でも、ちょっと可愛さが欲しい乙女心♥️

清楚感たっぷりに仕上げました!
シンプルな白だけを使ったフレンチはどんなシーンにも適応してくれて、お洋服も選ばない便利ネイル👍
お盆休みのホリデーネイルにもぴったりですね!
サクッと時間を見つけてシルエットへGo❣️

ご予約はお電話かLINEで!
お待ちしております🙋🏻‍♀️

ネイルサロン シルエットのネイルブログやお客様のネイルやサンプルなどをご紹介しているギャラリーにも沢山のアートが掲載されていますので、どうぞご訪問くださいませ!



【50saikara】 50歳からのコミュニティサイト

最近気になること… 同輩に聞こう!



コメント: 2
  • #2

    50saikara (木曜日, 01 3月 2018 08:24)

    バブリーさん、コメントありがとうございます!何か興味あるお題がございましたらまたお気軽にコメント残して下さい。お待ちしております!

  • #1

    バブリー (水曜日, 28 2月 2018 06:44)

    楽しいサイトありがとうございまーす!!�